スマートフォンを設定する

SMSマーケティングでのSMS送信は、事前にスマートフォンの設定を行う必要があります。

アプリをインストールする

  1. スマートフォンに「SMSマーケティング」アプリをインストールし、アプリを開きます。
  2. 初回起動時に「許可」を求められた場合は、すべて許可します。
    「許可しない」を押すと、アプリが正常に作動しません。

  3. ウェブブラウザで登録したSMSマーケティングのアカウントと同じメールアドレス・パスワードでログインします。

ログイン後の画面について

①メニュー
アカウントからログアウトするときに使用します。
②端末No
SMSマーケティングでSMSを送信する端末を指定する際、管理画面の「新規SMS送信」にある「端末番号」に、この数字を入力します。
③送信件数のカウント方法
一日のSMS送信件数のカウント方法を指定します。
④SMS送信件数
SMSマーケティングによって送信したSMSのうち、この端末で送信した件数です。③送信件数のカウント方法で指定したタイミングで数字が毎日リセットされます。
⑤スリープモードにしない
ここにチェックを入れると、端末がスリープモードにならなくなります。
⑥終了
SMSマーケティングアプリを終了し、この端末を使ったSMSマーケティングのサービスを停止します。
⑦ログ
アプリの動作の記録が表示されます。

アプリの設定を行う

  1. 端末Noを指定します。
    SMS送信用に複数台のスマートフォンをご用意いただくときは、それぞれのアプリで端末Noが重複しないように設定します。
  2. 端末Noを編集したとき、最後にキーボード右下の「確定」キーを押すことで番号が保存されます。
    「確定」キーを押さないと、指定した端末Noが反映されません。

  3. 送信件数のカウント方法を指定します。
  4. SMSは一日につき199通の送信数上限があります。
    送信数のリセットのタイミングは各通信キャリアによって違うため、お使いの通信キャリアに合った設定にします。

    docomoの場合

    「0時にリセット」を選択します。

    docomo以外(au、Softbankなど)の場合

    「24時間ごと」を選択します。

    ワイモバイルやマイネオなどの「格安スマホ」のSIMカードをお使いの場合は、ご契約のプランが「docomo系」回線であれば「0時にリセット」、それ以外(au系、Softbank系)の場合は「24時間ごと」を選択します。

  5. 「スリープモードにしない」にチェックが入っていることを確認します。
  6. このチェックを外すと、端末がスリープモードになる場合があります。
    端末がスリープモードになると、SMSを送信することができなくなります。

  7. 本アプリには「保存」ボタンはありません。上記までの手順で入力した設定は、自動で保存されています。
    設定が終わったら、アプリをそのまま開いておく、または端末の「ホーム」ボタンを押し、見えないところでアプリが動くようにして構いません。

アプリの終了(SMS送信が停止します)

アプリを終了すると、次にSMSマーケティングを開くまでの間、アプリを終了した端末を使用してのSMS送信ができなくなります。

アプリは「終了」ボタンを押すと終了します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする