SMSを送信する

SMSを送信・送信予約するときは、「新規SMS」から行います。

SMSの送信には、スマートフォンのセットアップが必要です。
セットアップの詳しい手順はスマートフォンを設定するをご覧ください。

画面について

①入力モード切替
宛先の入力方法をフォームモードと複数行入力モードに切り替えることができます。
②ファイルから読み込む
外部ファイルから宛先情報を読み込むときに使用します。
③変数置換を有効にする
メッセージに変数を使用する場合、このチェックをオンにします。
④宛先(電話番号)
SMSの送信先電話番号を入力します。
⑤宛名
宛名を入力します。送信されるメッセージ文頭には、ここで指定した宛名+「様」(敬称)+改行が自動で挿入されます。
⑥変数
メッセージに変数を使用する場合、ここに変数部分へ実際に挿入するワードを宛先ごとに入力します。
⑦宛先削除
宛先の右端にあるバツを押すと、該当の宛先が削除されます。
⑧宛先の追加
宛先入力モードがフォームモードの場合、ここを押すことで宛先入力フォームを一人分追加します。
⑨テンプレートの読み込み
テンプレートを使う場合は、ここで読み込むテンプレートを指定します。
⑩メッセージ
メッセージ本文です。
⑪送信文サンプル
実際に送信されるメッセージのサンプルです。上部で入力している宛先のうち、最上部に入力されている相手に送られるメッセージがプレビューされます。
⑫送信日時
送信を行う日時を指定します。
⑬タイプ
通常は変更不要です。
⑭端末番号
送信を行うスマートフォンの端末番号を指定します。
⑮SMS送信
ここを押すことでSMSが送信・送信予約されます。

SMSを送る

  1. 「新規SMS」を押します。
  2. 宛先と宛名を指定します。
    外部ファイルを使って、一括で宛先を読み込むこともできます。
  3. メッセージで変数を使う場合は、「変数置換を有効にする」にチェックを入れます。
    宛名欄に追加された変数の項目に、実際に送信するワードを入力します。
  4. メッセージを入力します。テンプレートを使う場合は「テンプレートの読み込み」から使いたいテンプレートを選択します。
  5. 「送信日時」を設定します。「今すぐ」を指定すると即時送信となります。
  6. 「端末番号」で送信に使うスマートフォンの番号を指定します。
    「指定なし」にすると、SMS送信可能な状態のいずれかのスマホから送信されます。
  7. 「SMS送信」を押すことで、即時、または指定した日時にSMSが送信されます。

外部ファイルから宛先を読み込む

宛先情報は、CSVファイルを使って一括で読み込むことができます。

読み込みの際、1行目はスキップされません。CSVファイルの最上部に項目名など宛先情報以外を入力している場合、そちらも宛名として読み込まれます。
不要な行は、読み込んだあとでもSMSマーケティング側で削除することができます。

  1. 宛先情報が記載されているCSVファイルを用意します。
  2. SMSマーケティングの「ファイルから読み込む」を押します。
  3. 用意したCSVファイルに沿って、ファイルの構成を指定します。
  4. 宛先(電話番号)、宛名、###X###、###Y###、###Z###のそれぞれについて、CSVファイルのどの列に入力されているかを指定します。

    「列」とは縦の並びのことです。
    例えば以下のような場合

    • 宛名:A列
    • 電話番号:B列
    • 変数X(###X###):C列
    • 変数Y(###Y###);D列
    • 変数Z(###Z###):E列

    となります。

  5. 「ファイルを選択」から読み込むファイルを指定し、「読み込む」を押します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする